ロゴ

プラチナ会員のご案内

人生100歳時代の貯え

二人の老後資金、2000万円が必要

時代に取り残されないように「副業に興味ありますか」

これからは、自分のことは、自助・自律が必要

AI的分析
プラチナ会員とは、大好評の「オール株価チャンス」の三冠王100銘柄及び次号三冠王候補銘柄を対象に
AI的思考による株価分析ソフトが、「買い時」のシグナルを発し、その情報を会員に伝達する仕組みです。

■システムの狙い

・個人投資家が、資金の効率運用で、財産を数倍にする事を可能にする

・そのための計算式は=集中と選択+上昇株の絞込みです

■提供する情報

・3月・6月・9月・12月に発刊される「オール株価チャンス」の厳選三冠王100銘柄を中心とした

【買い時】銘柄を会員に提供する

・情報提供は毎週月曜日の後場に銘柄情報で伝達

・会員の皆様への情報提供方法は、基本はeメール、例外としてFAX、電話の何れかになります

- プラチナメンバー -
AI的思考により開発された株価分析ソフトの情報発信
大好評「オール株価チャンス」
株チャン3冠王100銘柄を中心とした買いシグナル発信
こんな方に買銘柄情報を提供します
  • 初心者で投資歴が浅くてもOK
  • 投資益が大幅高思考期待
  • 短期投資でもOK
  • プラチナ会員に情報提供した銘柄の実績
    プラチナ銘柄ストップ高の記録(2019年度)
    極め細かな投資情報も満載

    毎週月曜日の買銘柄情報の提供とは別に以下の投資情報を提供します

    証券チャンネル1ch(毎日提供される投資情報)

    証券チャンネル2ch(毎日提供される投資情報)

    証券チャンネル3ch(毎週火曜日に提供される投資情報)

    証券チャンネル4ch(毎月10日頃に提供される投資情報)

    証券チャンネル5ch(毎月10日頃に提供される投資情報)

    証券チャンネル6ch(3・6・9・12の各月の10日頃に提供される投資情報)

    産業と経済が選ばれる3つの理由

    70年間以上の実績

    株投資マガジン、オール株価チャンス「創刊1947年」
    初心者・ベテラン投資家に役立つ情報満載。

    株価上昇率

    49.49%

    ■オール株価チャンス2019年夏季号・厳選三冠王100銘柄の実績

    ・100銘柄の上位20銘柄の株価上昇率加重平均実績は何と、49.49%でした

    ・100銘柄全体の上昇率加重平均値は、23.41%でした


    ◆参考資料

    下記の表は、手元資金が100万円で、株価上昇率が20%の時の上昇階段グラフです

    (月数回の売買を12回繰り返すと、手元資金は9.0倍弱の892万円になります)

    オープン(順張り)&クローズ(逆張り)戦略・買いシグナルの有効利用で20%上昇

    (便宜上、譲渡益及び手数料は算入しておりません)

    1回転 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12回転
    120万円 144万円 173万円 207万円 249万円 299万円 358万円 430万円 516万円 619万円 743万円 892万円
    株・噂の真相ニュース
    株式市場における今後の「勝ち組」「負け組」 オリンパス編


    6月下旬は3月決算企業の株主総会が集中した。その中から「気になった株主総会」をいくつか取り上げる。

    ここ数年の傾向であるが、「コンプライアンス重視体制」「社外取締役の増加」「社外取締役が主導する指名・報酬・監査委員会設置会社への移行」などが中心議題となる株主総会が目立つ。

    また相変わらずアクティビスト(物言う株主)の要求に負けて、身の丈を超える株主還元を決めてしまう株主総会も多い。このままだと、ますます日本企業の活力が削がれてしまうような気がしてならない。


    【オリンパス】 (7733)
    その傾向を象徴するような株主総会である。なんとそのアクティビストの株主提案を受けて、その利益を代表する人物を取締役に選任してしまった。

    バリューアクト・キャピタル・パートナーのロバート・ヘイル氏のことであるが、究極の利益相反である。バリューアクトはオリンパス株式の4.88%を保有する大量報告書を昨年5月に提出しており、オリンパスは本年1月にそのバリューアクトから取締役1名を受け入れると公表していた。

    取引銀行や取引先の推薦する取締役を受け入れるケースはよくあるが、アクティビストの役割は「会社資産をかすめとる」ことでしかなく、同等には考えられない。

    しかし、大変に不思議なことにそのアクティビストからも取締役をうけいれると公表した本年1月以降、オリンパスの株価が1150円近辺から1417円の(23%アップ)高値へ上昇、現在も高値圏にある。

    コンプライアンス上、好ましいと株式市場に判断されたことになる。

    「何かがおかしい」といわざるを得ないと烙印を押されても疑惑を抱えた運命共同体路線の株価は、暴走するか! 見放されるか! 更に上昇するのか! 話題は尽きない。


    以下省略

    ※特別サイト「株・噂の真相ニュース」はプラチナ会員に提供される情報サイトです
    会費のご案内
    6ヶ月
    20万円(税込)
    (会費は税込・1ヶ月換算3.3万円、1週換算8千円)