ロゴ

プラチナ会員のご案内

人生100歳時代の貯え

二人の老後資金、2000万円が必要

時代に取り残されないように「副業に興味ありますか」

これからは、自分のことは、自助・自律が必要

AI的分析
プラチナ会員とは、大好評の「オール株価チャンス」の三冠王100銘柄及び次号三冠王候補銘柄を対象に
AI的思考による株価分析ソフトが、「買い時」のシグナルを発し、その情報を会員に伝達する仕組みです。

(実際に銘柄を購入するかは、ご自身の判断でなさいますようお願い致します)

■システムの狙い

・個人投資家が、資金の効率運用で、財産を数倍にする事を可能にする

・そのための計算式は=集中と選択+上昇株の絞込みです

■提供する情報

・3月・6月・9月・12月に発刊される「オール株価チャンス」の厳選三冠王100銘柄を中心とした

【買い時】銘柄を会員に提供する

・情報提供は毎週月曜日の後場に銘柄情報で伝達

・会員の皆様への情報提供方法は、基本はeメール、例外としてFAX、電話の何れかになります

- プラチナメンバー -
AI的思考により開発された株価分析ソフトの情報発信
大好評「オール株価チャンス」
株チャン3冠王100銘柄を中心とした買いシグナル発信
こんな方に買銘柄情報を提供します
  • 初心者で投資歴が浅くてもOK
  • 投資益が大幅高思考期待
  • 短期投資でもOK
  • プラチナ会員に情報提供した銘柄の実績
    プラチナ銘柄ストップ高の記録(2019年度)
    極め細かな投資情報も満載

    毎週月曜日の買銘柄情報の提供とは別に以下の投資情報を提供します

    証券チャンネル1ch(毎日提供される投資情報)

    証券チャンネル2ch(毎日提供される投資情報)

    証券チャンネル3ch(毎週火曜日に提供される投資情報)

    証券チャンネル4ch(毎月10日頃に提供される投資情報)

    証券チャンネル5ch(毎月10日頃に提供される投資情報)

    証券チャンネル6ch(3・6・9・12の各月の10日頃に提供される投資情報)

    産業と経済が選ばれる3つの理由

    70年間以上の実績

    株投資マガジン、オール株価チャンス「創刊1947年」
    初心者・ベテラン投資家に役立つ情報満載。

    株価上昇率

    76.32%

    ■オール株価チャンス2019年秋季号・厳選三冠王100銘柄の実績

    ・100銘柄の上位20銘柄の株価上昇率加重平均実績は何と、76.32%でした

    ・100銘柄全体の上昇率加重平均値は、28.76%でした


    ◆参考資料

    下記の表は、手元資金が100万円で、株価上昇率が20%の時の上昇階段グラフです

    (月数回の売買を12回繰り返すと、手元資金は9.0倍弱の892万円になります)

    オープン(順張り)&クローズ(逆張り)戦略・買いシグナルの有効利用で20%上昇

    (便宜上、譲渡益及び手数料は算入しておりません)

    1回転 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12回転
    120万円 144万円 173万円 207万円 249万円 299万円 358万円 430万円 516万円 619万円 743万円 892万円
    株・噂の真相ニュース
    謎の一発高株・大収穫祭


    高砂や、浜の真砂は尽きるとも、世に仕手の種は尽きまじ。

    何度か、このコーナーで取り上げた、(3823)アクロディアが面白い。七月には買いを推薦した。
    平成末期の今年四月に175円の安値から、令和に入り急騰、5月に508円高値に化けたあと、調整。

    8月23日の188円安値を中心に、8月6日188円、8月18日190円の安値で逆三尊型の底入れからの出直りとなった。10月15日には、継続企業の前提に関する注記の記載を解消したが、第一四半期が赤字と同時に発表し株価は小動きだった。

    が、その翌々日17日の朝に、暗号資産取引所システムの開発完了と、システムライセンス提供開始を発表、出来高1331万株と発行株2579万株の半分以上の活況でストップ高、翌18日は337円の高値。

    2224万株の活況となった。継続疑義付きの新興市場低位株は、上場した途端にオーナーが株を売ったり、社名が変わったりしたものが大半だが、ここ(3823)アクロディアは、2006年にマザーズに新規公開した上場時の筆頭株主・創業社長が、順位は落ちたが、今でも社長で三位の大株主、上場当初の副社長も現在も同職である。

    KDDI、バンダイナムコと、一流企業が株主に名を連ねていることからも、売り抜け目的の上場ゴール、増資が仕事の箱物企業とは明らかに異なる。

    上場当時は、公開価格の一株13万円から、初値21万円、直後に74.2万円まで上げた株。ACCESS、アプリックスと共に、携帯電話のソフトウェア関連株として人気化した。

    その後、GMOインターネットが筆頭株主になったとき、2012年98円の安値から、2015年2292円の高値と、三年で株価20倍に化けたことがあった。今年に入り4月に第三者割当で新株式100万株を、価額173円で発行。払込後の4月15日に特別損失の計上したあと、M&AやIoT、カジノ、ブロックチェーンと材料を連発し、株価は短期倍増となった。

    第三者割当増資を引き受けた和円商事や、トンピン氏などが本尊と噂された。介入筋は、今年発行した173円の新株と新株予約権を種玉として、2015年高値2292円を望みつつ、ロングランで仕掛けている模様。

    行使価額290円の第九回新株予約権のうち、行使・償却されていないものがあるため、この水準を上回ると、売りが嵩むこととなっているが、五月に続き、十月も仕掛けてきた現状を見る限り、第九回新株予約権の行使促進をしながらの上値狙いであると推察できる。継続疑義が取れただけに、今後の推移を期待したい。

    ◆次に本尊筋が仕込みを開始する候補銘柄(低位株)に乞うご期待◆



    以下省略

    ※特別サイト「株・噂の真相ニュース」はプラチナ会員に提供される情報サイトです
    会費のご案内
    6ヶ月
    20万円(税込)
    (会費は税込・1ヶ月換算3.3万円、1週換算8千円)
    (会員資格の途中解約・返金はお受け出来ませんので予めご了承ください)