ロゴ

トランプ銃撃と米大統領選の行方
〔その1〕 トランプ銃撃とシークレット・サービス(SS)の基本に忠実な対応
まずトランプ銃撃を、最初からできるだけ忠実に再現してみる。そうすることにより何か辻褄の合わないことがあれば、浮き彫りになってくるはずだからである。
米国時間7月13日の午後6時すぎ(日本時間14日午前7時すぎ)、選挙集会のため激戦州のペンシルバニア州バトラーを訪れていたドナルド・トランプ共和党大統領候補(以下、前大統領)が、演説を始めた数分後に銃撃された。会場は野外で周辺には高い建物が全く無かった。
前大統領は大統領選候補を最終決定する共和党全国大会(7月15~18日、ミウルォーキー)の直前で、最後に激戦州を回って選挙集会を開催していた。
前大統領は最初の銃弾が右耳をかすめたため咄嗟にしゃがみ込み、同時に数名の屈強なシークレット・サービス(以下、SS)が飛び掛かるように覆いかぶさった。その中には女性のSSもいたが、「異変を感じたらすぐ警護対象(前大統領)に覆いかぶさり次の攻撃から守る」との基本に忠実な対応だった。
その後も数発の銃撃が続き、近くにいた支援者の1名が亡くなり、2名が重傷を負った。
ここでSSとは米大統領等の要人警護隊で、もともと財務省傘下で偽札捜査等に関わっていたが、2001年の同時多発テロを機に米国土安全保障庁(DHS)が設置され、SSもその傘下に入った。直近の人員は8300名の大所帯である。犯人確保ではなく要人の安全確保を最優先とする警護手法は、日本の警察組織であるSPも変わらないとされる。・・・・・・・・

この続きを読むには有料会員登録が必要になります。
───────── プラチナ会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツご覧になりたい方は、【産業と経済プラチナ会員】にお申込みください。
プラチナ会員登録
ログインしてから下のボタンを押してください