ロゴ

日本の内政・外交を劣化させるだけの岸田政権をどうするべきか
〔その1〕 岸田政権(岸田文雄)の正体
岸田文雄は2021年9月29日の自民党総裁選(2回目投票)で河野太郎を破って第27代自民党総裁に選出され、臨時国会が召集された10月4日の首班指名を経て首相(内閣総理大臣)となり、そのまま現在に至る。
そこから2年半ちょっと経過しているが、その間の岸田政権の位置づけが大きく変わり、同時に日本の内政・外交が大きく劣化する。まず「どうして」そうなってしまったのかを解説する。
岸田政権が発足した当時の状況は、長期政権を続けていた安部元首相が持病悪化を理由に(実際はそうではなかったが、ここは割愛する)2020年8月28日に辞任し、長く官房長官として政権を支えていた菅義偉が後継首相となる。その総裁任期は安部の残存期間である2021年9月末までで、衆議院議員の任期満了も近づいていた。
菅政権はコロナ・ワクチンの接種推進や携帯電話料金の引き下げなどで「剛腕」を発揮するが、1年延期されていた東京オリンピックを強行開催するなど批判も多く2021年9月3日に総裁選不出馬を表明していた。依然として国内外に圧倒的な存在感を維持していた安部は早急に後継首相を決めて衆議院選に臨む必要に迫られた。
総裁選には安倍政権で外務大臣と政調会長の「要職に」起用されていた岸田文雄も手を挙げるが、安部政権時の目に見える実績は何もなかった。とくに安倍は独自に「地球儀を俯瞰する外交」を主導していたため岸田の外務大臣としての実績は何もなく、また政調会長としてもコロナ支援金をめぐり公明党との調整に「大失敗」していた。
当時の安部の岸田に対する評価も「適度に無能で人畜無害なので衆議院選の顔としてや自身のダミーとしては使える」程度のものであった。岸田はそれまで5年以上も幹事長の座にあった二階敏博の更迭を進言していたことも安部にとって好都合だった。・・・・・・・・

この続きを読むには有料会員登録が必要になります。
───────── プラチナ会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツご覧になりたい方は、【産業と経済プラチナ会員】にお申込みください。
プラチナ会員登録
ログインしてから下のボタンを押してください